О脚X脚について

O脚X脚は、筋肉のねじれと内転筋の緩みから。
太ももの内側の内転筋は骨盤底とつながっています。この内転筋がゆるむことによって太股の無数の筋肉が、外側にねじれてO脚、内側にねじれるとX脚になります。

また足根骨と足首のゆがみは足首から膝までの筋肉がねじれ、下から上へ連鎖してO脚X脚へと発展していきます。このような症状が出た場合は、骨盤のゆがみに繋がる場合があります。

下半身には、上半身とつながる太い血管が通っています。筋肉がねじれると血管や神経が圧迫され、血流が悪くなり、結果下半身太りや頑固な浮腫みが慢性化したり、冷え性の原因にもなります。

上記のように、O脚X脚は骨盤を正しく矯正し、足全体の筋肉のねじれを取り除き、内転筋を正しく使うことで改善されていきます。

さらに、歪みを改善して、正しい姿勢を保つことで基礎代謝アップへと導きます。
食べずに、無理なダイエット行わなくても下半身の歪みや浮腫みをなくして、基礎代謝を上げることで、サイズダウンが期待できます。