頭蓋骨の歪み、脳神経の働き低下による美容トラブル




頭蓋骨の歪みは「脳脊髄液」の流れを弱めます。脳脊髄液は、わずか250ccほどの体液。 背骨のなかを通る中枢神経をたどって、頭蓋骨と骨盤(仙骨)の間を絶えず循環し、交感神経・副交感神経・顔の表面を覆う表情筋や三叉神経・目の輝きを支配する視神経など、全身をめぐる12種類の神経が正しく働くように促していると言われてます。





顔の形は、骨の上の筋肉と密接に関係しています。筋肉は頭蓋骨に張りめぐらされた神経にコントロールされているため、そのなかを循環する脳脊髄液の流れが滞ると、表情にダメージを与える顔面の神経機能が低下、シミやくすみだけでなくたるみやシワ、くすみとなって表れてくる場合もあると言われてます。





さらに神経は痛みを感じたり、筋肉や内臓を動かすなど、さまざまな器官へ信号を送り、正常に機能させる役割を担っています。脳脊髄液がスムーズに流れなくなると、神経は栄養を補給できなくなり、働きがダウン。美容障害だけではなく、身体が凝ったり、内臓の機能が低下するなど、健康面でのさまざまなトラブル
として、私たちの身体に現ると言われてます。





整顔とは上記の美容障害を施術によって和らげる効果が期待できます。